太陽光発電の損益分岐ラインをどう考えるか

太陽光発電システムの導入を考える時にどうしても太陽光発電の損益分岐ラインを考えることが必要となります。

損益分岐ラインは太陽光発電システムの導入費用とメンテナンスコストを足したものを何年で償却できるかというものです。

損益分岐ラインを超えると太陽光発電はコスト面でプラス効果が出てくるので、損益分岐ラインは早く達成したほうがいいのです。

太陽光発電の設備を考えてみると、大部分を占めるのが太陽光発電の導入時に必要な初期費用となります。もちろん、それだけではなく、太陽光発電にはメンテナンスコストも必要ですが、太陽光パネルはほとんどメンテナンスが必要ではありませんし、しっかりしたメーカーから購入した太陽光パネルは長期に渡る保証がありますので、故障などの費用負担はほぼありません。

ただし、売電用のメーターが10年程度で交換が必要でありますし、パワーコンディショナーなども15年程度で交換が必要です。売電用メーターが3万円前後であり、パワーコンディショナーは20万円程度のなるようです。

太陽光発電の導入によってプラスになるのが、普段使う光熱費が削減されることと、余った電力を電力会社に買い取ってもらう売電の収入です。ただし、売電価格は太陽光発電の導入年から10年間は同じ価格で買取が保障されますが、11年目以降の売電価格がどうなるのかわかっていません。

考えてみれば、損益分岐ラインは年々変化していきます。太陽光パネルは価格が低下していく傾向にありますが、どのあたりまで安くなるのか分かりませんし、電気料金はエネルギー価格によって変化しますし、売電価格は毎年少しずつ下がっていく傾向にもあります。

条件によって変わってきますが、個人住宅の損益分岐ラインは10年から15年ということになります。損益分岐ラインを超えるとプラスになりますし、太陽光パネルの寿命は20年以上あると考えられていますから、今のところは太陽光発電は設備をしても割に合うといっていいでしょう。”