今なぜ太陽光発電が注目されているのか

太陽光発電は文字通り、「太陽の光を利用した発電方法」です。その際に太陽電池という発電装置を経由して太陽のエネルギーを直接的に電気にかえることが可能になります。太陽は常に地球上に光を降り注いでいますから、効率よくこの太陽光を集めることができると夢のような電力が得られます。

もう、石炭、石油のような化石燃料に頼ることなく電力が得られるのですから。特に日本は石炭、石油の産出がありません。常に産油国からの輸入にたよっており、経済もこの原油価格に左右されているのが現状です。また、化石燃料は燃やすことによって、二酸化炭素を発生させますから「地球温暖化」の問題があります。水面の上昇、オゾン層の破壊、気温の年々上昇など、大きなグローバルでの問題なのです。太陽光はこの自然界に二酸化炭素を発生させることなくエネルギー化することができるのです。

では、なぜ太陽光発電がこれだけ一般化してきたのでしょうか。それは太陽光発電がクリーンかつ、一般家庭でも発電可能なものだからなのです。一般の家庭で発電するのですから、危険であってはいけません。太陽がふりそそぐ家庭であれば太陽光発電の機械(システム)を一般家庭でも設置出来ますし、企業でも同様です。

システムが家庭用の小さいものでも企業が設置する大きなものと発電効率がほぼ同じなのがポイントです。また、システム設置後もメンテナンスが非常に簡単なことも太陽光発電システムの導入を検討する家庭が多い一因でしょう。もし、企業で太陽光発電を導入しているのであれば、それはエコロジーに貢献しているとして企業イメージもアップしますね。

以上のことより太陽光発電が現在注目されているのです。化石燃料は近い将来枯渇すると言われていますし、トヨタも化石燃料に頼らない近未来カーを開発しました。化石燃料よりも安全かつ簡単にエネルギーが得られる太陽光発電が急スピードで日本中に浸透しているのは日本の太陽光発電に関する技術力のおかげでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*