太陽光発電で得られるメリットと注意点

太陽光発電というのはその名の通り太陽の光エネルギーをそのまま電気に変換するシステムです。

屋根や壁などに並べたソーラーパネルが、太陽の光を受けてそれを電気にして家庭の設備に使えるようにします。風力や水力と同じく、再生が可能なエネルギーが使われているので環境に優しいというのが大きなメリットです。

電気を使っても排気ガスが出ませんから空気を汚すことがありませんし、廃棄物も発生しません。しかも環境に影響を及ぼさないだけではなく、作った電気で家庭で使わなかった分を電力会社に売ることができるのもいい点でしょう。普及促進のため、自治体などから補助金が出されることもあります。

太陽光発電はエコに大きく貢献します。電気が作られる日中は電気料金が全くかかりませんので、電気料金の支出が大きくカット可能ですし、何よりも嬉しいのは、例え地域一体が停電してしまっても自宅で発電している太陽光発電であれば影響を受けません。

地震や台風、大雨や雷などの自然災害で電気が使えない状況というのは決して他人事ではありませんので、大きな震災が起こってからそれ以降は特に需要が高まっています。電気代が高騰しても関係ないのも大きいでしょう。

設置には大きな条件がなく、屋根や庭にある程度面積があれば問題ありませんし、メーカーごとにオプション補償がついてさまざまなサービスが受けられます。

デメリットとして一番大きいのは導入費用にお金がかかる点でしょう。小さなものでも数十万円は下りませんし、本格的なものを設置するには数百万円を見積もる必要があります。また、当然ですが夜間や雨天時には電気を作れませんから他から電気を買う必要がありますし、蓄電装置がついていない場合は電気を溜められません。

設置費用を回収して電気を売って儲けを出すためにはある程度年数がかかってしまうという覚悟も必要です。ですが、今後のことを踏まえて今から家を立てようと計画しているご家庭には、最初から太陽光発電を導入することをおすすめします。エコ的にも費用的にも、損になることはありません。

>>太陽光で土地・空き地を活用して安定収入!
http://yukyu.unieco.co.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*