太陽光発電の再度の盛り上がりに期待します

福島の原発事故の後、節電と共に、原子力発電に頼らず、再生可能エネルギーの比率をもっと増やすべきだと言う社会のムードが高まっていました。

国も太陽光発電の普及を後押しするために、電力の買い取り価格を高めに設定して、既存の電力会社に買取を義務付けました。さらにパネルの低価格化と多くの企業の競争で、家庭用パネルの設置はそこそこ進みました。

しかし買い取り価格の設定を国が下げ、さらに家庭用パネルの設置が興味を持った家庭に対して一巡すると、太陽光発電自身の話題がいつしか萎んでいったように感じます。

折しも家庭用電力の自由化が始まり、家庭用パネルを自宅に設置できない家庭でも、メガソーラで発電された電力を購入する事も可能となったのです。

しかし残念ながら、再生エネルギーである太陽光発電を前面に押し出し、電力料金以外に、意識のある人々に太陽光発電の電力購入を訴えて大々的に事業を起こす企業は残念ながら多くはありません。

日本人は熱し易く冷めやすいと言われますが、脱原発や環境に配慮して火力発電の比率を下げるべきだと言う機運があれほど盛り上がっていたのに、いつの間にかその熱が冷めて来た様に思います。

議論のための議論として再生エネルギーを語るのではなく、電力の自由化に合わせて、自分で家庭用パネルを設置できない人達が再生可能エネルギーの普及を応援するため、メガソーラでの電力を供給する事に名乗りを上げる企業がもっと増える事を期待します。

電力の自由化に合わせて、従来の様に電気料金の値上げには国の承認は必要なくなり、将来的に原油の高騰で電力料金が上がるリスクも大きくなっています。

しかし現在ところ、通信やガスやガソリンとのセット割りで価格が下がると言う事のみを訴えたり、家庭向けサービス付帯を謳い文句とする会社が多く、再生可能エネルギーなど、自分達のエネルギーのあるべき姿を考えさせることを投げかけてくれる企業が少ないのが残念です。

地方自治体の中で、メガソーラで電力の地産地消を訴えて電力販売を始める第3セクターを起こして参入している所がいくつかあるようです。こうした試みが成功し、話題となって再び多くの人が太陽光発電を考え、再度盛り上がる契機となってくれる事を期待します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*