太陽光発電の補助金について

太陽光発電は、発電パネルを一度作ってしまえば基本的に発電コストがかからないので、
かなり経済的なシステムです。

しかし、発電パネルを大量に買い揃えるのにお金がかかることと、
発電パネルそのものに寿命があることを考えて、
(つまり寿命が来たら発電システムを新調するか廃棄するかしないといけません)
太陽光発電システムを作る事に二の足を踏む人が多いです。

実を言えば、これはもったいないことです。
何故なら、太陽光発電システムを作ることで、
国や地方自治体から補助金をもらうことが出来るからです。
(補助金をもらうためには、各種の条件を満たす必要があります)

補助金の基準や額は地方自治体ごとに様々ですが、
数万円から数十万円ほどもらうことが出来ます。
だいたい1KWごとに数万円という形で補助金をもらえることが多いです。
なので出来るだけ発電KWを増やせば増やすほど、ユーザーの利益になるのです。

ちなみに、自分の家で使いきれないほど発電量が多い場合、
自宅で発電した電気を売ることが出来ます。
この時の売却価格は年によって微妙に違いますが、市場の相場よりかなり高いです。

何故売却価格が相場より高いのか、それは電力会社の買い取り価格に
国民の税金が使われているからです。
エコロジー発電を推進するために、政府が税金を使って買い取り価格に色をつけてくれているので、
太陽光発電で発電した電力を売却する事がお得になっているのです。

なので、家が賃貸住宅ではなく持ち家で日当たりがよい場所の場合、
自宅の屋根に太陽光パネルを置く事は一考する価値があります。
太陽光パネルは10年から20年で寿命がきてしまいますが、
逆に言えばそれくらいの期間は持つということです。

1年やそこらで壊れるようなものではなく、かなり経済的なものなので、
条件が合うなら、積極的に太陽光パネル購入を勧めていくべきでしょう。
自宅で太陽光発電をする事で地球環境を守ることに貢献できるだけでなく、
懐具合も暖かくなるのですから。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*